赤ら顔を治す方法は?~赤ら顔の改善には乾燥対策が不可欠!

顔に関する肌トラブルは、
だれでもとても気になるところです。

中でも 赤ら顔の人は、
他人の目も気になってしまいますよね。

このために自信もなくしてしまうことすらあります。

赤ら顔を治したくて
今までにいろいろな方法をためしてきた人も
たくさんいることだろうと思います。

こちらのコラムでは
赤ら顔になってしまう原因と赤ら顔の基礎知識を踏まえながら
効果的な対策方法をお伝えしていきます。

コンプレックスとなっている赤ら顔の原因は?

赤ら顔は、毛細血管拡張症が原因となっていることが多いです。
皮膚の下にある毛細血管の赤い色が見えてしまうためです。

では、毛細血管拡張症とは?
毛細血管が外的刺激を受けて炎症を起こしている状態を指します。

皮膚の下にはたくさんの毛細血管があります。
通常、私たちはこの毛細血管が縮んだり、広がったりすることで
肌の表面の温度を調整しています。

外気の温度や、湿度に合わせて縮んだり、広がったりする毛細血管の動きが
広がったままになってしまうことがあります。
それが毛細血管拡張症といわれている症状です。

角質層の保水成分(セラミド)が減少すると、
クッションになるべき水分が不足して外的刺激が
直接、真皮層まで届いてしまい深いダメージを与えます。
(真皮層の保湿成分はヒアルロン酸です)

刺激を受けて毛細血管が炎症を起こし、広がった状態になると、
血管の赤みが透けて見えてしまい「赤ら顔」になるのです。

そうなると肌の表面から血管の赤みが透けて見えてしまい
顔が赤い、赤ら顔に見えるようになるのです。

また、毛細血管が炎症を起こしてしまうと
赤みだけではなく、ヒリヒリとした痛みを伴います。
肌が非常に敏感になっている状態です。

毛細血管拡張症になってしまうとヒリヒリも辛いし
赤みも気になり、憂鬱ですよね?

赤ら顔は毎日の正しいスキンケアで改善できますから、
放置せず、一日も早く対処することが大切です。

毛細血管の拡張による赤ら顔の改善方法

赤ら顔を治す方法、
日常生活で気をつけることを紹介していきます。

【肌の乾燥防止】

肌の乾燥に気をつけてください。
保水力が落ちると、肌は一気に乾燥状態になります。

保水力が落ちると、角質層のクッションが機能しなくなり
外部からの刺激を肌の奥まで伝えてしまいます。

毛細血管にまで刺激を与えてしまうことが考えられます。
乾燥対策をしっかりとするようにしましょう。

毎日使用する化粧水を
赤ら顔専用の化粧水に変えてみることをお勧めします。

白漢しろ彩uluは保水力に優れた化粧水。

毎日使用することで角質層のセラミドを補って、角質層をしっかり保湿!
肌バリア機能を回復させてくれます。

外的刺激を受けにくい肌質を作ってくれますよ。

【紫外線から肌を守る】


夏に限らず、一年中紫外線は降り注いでいます。
肌は、顔に限らず紫外線から守ることが大切です。
紫外線は、細胞を悪性化する働きがあります。

紫外線は活性酸素を体内で発生させるともいわれています。
活性酸素は、血管や肌の老化をさせます。

そしてなによりも活性酸素の赤ら顔に関する悪影響は、
毛細血管を広げる作用があるということです。
毛細血管が広がれば赤ら顔になってしまいます。

日差しの弱い時期でも、帽子をかぶるという対策や
洗濯ものは室内でハンガーにかけてから、まとめて外干しするなど
肌を紫外線から防止するように気をつけましょう。

【アルコールを控えめに】

アルコールは、毛細血管を広げる作用があります。
飲みすぎると血液がうっ血したり、血液がたまりやすくなります。

アルコールは控え目にしてください。
控えめにすれば顔の赤みも消えやすいです。

飲みすぎると血管が広がったまま
毛細血管拡張症があらわれます。

【ニキビに注意を】


ニキビによる皮膚の赤みは、皮膚に炎症をおこしているのです。
炎症は、血管を広げているためです。
その炎症が続いてしまうと赤ら顔になることが多いです。

ニキビの炎症で、色素沈着を起こしてしまった赤ら顔は
改善が非常に難しいのです。
ニキビの炎症には、気をつけましょう。

ニキビは肌が乾燥してしまうと
必要以上に皮脂の分泌が盛んになり、この皮脂が毛穴に詰まると
アクネ菌の格好のえさに。。

保湿を心がけるのは
ニキビを防ぐ為にも効果があるのです。

【皮脂過剰にならないように】

乾燥しすぎる肌はよくありません、
といって皮脂が多すぎるのもよくありません。

皮脂は酸化しやすいです。
酸化した皮膚は、炎症が起きやすくなります。

炎症が起きるとニキビの炎症と同様に毛細血管が広がります。
ニキビも合わせて出ることもあります。
こうなればさらに赤ら顔が悪化することも。

肌の乾燥は全てのトラブルにつながるのです。

まとめ

日常生活で気を付ければ改善できる
基本的な対策をあげました。

赤ら顔は、毛細血管が広がってしまうことが原因だということが言えます。

常に保湿に心がけ
紫外線から皮膚を守るように気をつけて生活をしてください。

【おススメ記事】
毎日のスキンケアでしっかり保湿で赤ら顔改善
赤ら顔専用の化粧水をランキング形式でご紹介しています。
↓↓↓
赤ら顔改善!顔の赤みに効く化粧水ランキング

 


関連記事


赤ら顔改善!顔の赤みに効く化粧水ランキング


おすすめ記事

化粧水で改善~赤ら顔

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. アドバイス・体験談

    赤ら顔は腸内環境のバロメータ。内臓からケアすることで赤ら顔を改善~40代・神奈川県・MTさん
    数年前に実際にやってしまった出来事です。ある朝起きた…
  2. アドバイス・体験談

    敏感肌が原因の赤ら顔にしろ彩が効果! もっと早く出会いたかった!~30代・ 埼玉県・ H.K.さん
    私の中学生からの悩みは、赤ら顔でした。思春期になり、…
  3. アドバイス・体験談

    ULUとの出会いで改善された私の赤ら顔。浸透力が全く違うのを実感~20代・宮城県・Yさん
    私は子供のころから赤ら顔です。みんなに「顔赤いね」と指摘…
  4. 赤ら顔の基礎知識

    赤ら顔~洗顔時に水がしみる時の対処法
    洗顔時に水がしみるほどヒリヒリしていたら、要注意。…
  5. 赤ら顔の基礎知識

    赤ら顔の2つの原因~皮膚の薄さ・皮膚そのものの炎症。 まず乾燥を防ぎ、肌を休ませることが重要。
    赤ら顔には様々な原因があります。皮膚が薄いのと毛細血…