赤ら顔~洗顔時に水がしみる時の対処法

洗顔時に水がしみるほど
ヒリヒリしていたら、要注意。

・皮膚を清潔に保たなければ
・ファンデが残ったままだと皮膚に負担がかかる
・皮脂が多いと皮膚炎をおこしやすい

こうした間違った認識のまま
ゴシゴシ洗顔を繰り返すと、逆効果。

必要以上にお肌に負担をかけてしまうのです。

クレンジングや
石鹸を今使用した洗顔はすぐ控えてください。

水道水に含まれる塩素も赤ら顔の大敵。
ぬるま湯での洗顔はセラミドがどんどん流れ出てしまい
肌バリアが弱くなってしまう原因に。

洗顔で赤ら顔を悪化させてしまっている方が多いのです。

ふき取り洗顔のススメ

肌に、痛みを感じるほどの
状態の時は水洗顔をスグにやめて
ふき取り洗顔に変えてみましょう。

1.敏感肌用の低刺激の化粧水をたっぷり目に
 柔らかいコットンに含ませてください。

2.ゴシゴシこするのはNG。
 顔を優しく撫でるように汚れを落としてあげます。

これだけで、OK。
顔の赤みに効く化粧水ランキングのページでご紹介している
化粧水を使えば、ふき取り洗顔と同時に保湿も完了♪

ヒリヒリの痛みが治まるまで
続けてみてくださいね。

「水洗顔じゃないと洗った気がしない」
「毛穴の汚れが気になる」
という方も多いかもしれませんが

百聞は一見に如かず
ふき取り洗顔は、実際にやってみると
イメージしているよりはるかにキレイに落とせます。

年齢と共に減っていくセラミド

10代前半は、セラミドがお肌に沢山あります。
そして皮脂の分泌が盛んな時期。

ところが
20代をピークに、セラミド成分は急激に減っていきます。
セラミドが減少すると、肌のバリア機能が正常に作用しなくなり
わずかな刺激でもダメージを受けてしまうのです。

・汚れを落としながらセラミド成分を守る。
・ふき取り洗顔で同時に保湿してあげる

が最も効果的にセラミドを守り、肌のコンディションを整えられます。

化粧水選びがとても重要

化粧水ならどれでも良いわけではありません。
成分によって、逆に肌に刺激を与えてしまう場合も。

低刺激なもの、添加物をできるだけ含んでいないものを選び
ふき取り洗顔することで、
保湿を十分に行いバリア機能を回復させてくださいね。

【おススメ記事】

肌バリアを強化し、赤ら顔を改善。
毎日使う化粧水を変えるだけで、大きな効果が得られます。
↓↓↓
赤ら顔改善!顔の赤みに効く化粧水ランキング


関連記事


赤ら顔改善!顔の赤みに効く化粧水ランキング


おすすめ記事

化粧水で改善~赤ら顔

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. アドバイス・体験談

    赤ら顔は腸内環境のバロメータ。内臓からケアすることで赤ら顔を改善~40代・神奈川県・MTさん
    数年前に実際にやってしまった出来事です。ある朝起きた…
  2. アドバイス・体験談

    敏感肌が原因の赤ら顔にしろ彩が効果! もっと早く出会いたかった!~30代・ 埼玉県・ H.K.さん
    私の中学生からの悩みは、赤ら顔でした。思春期になり、…
  3. アドバイス・体験談

    ULUとの出会いで改善された私の赤ら顔。浸透力が全く違うのを実感~20代・宮城県・Yさん
    私は子供のころから赤ら顔です。みんなに「顔赤いね」と指摘…
  4. 赤ら顔の基礎知識

    赤ら顔~洗顔時に水がしみる時の対処法
    洗顔時に水がしみるほどヒリヒリしていたら、要注意。…
  5. 赤ら顔の基礎知識

    赤ら顔の2つの原因~皮膚の薄さ・皮膚そのものの炎症。 まず乾燥を防ぎ、肌を休ませることが重要。
    赤ら顔には様々な原因があります。皮膚が薄いのと毛細血…